読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安月給 サラリーマン 資産一億円を目指す

安月給のサラリーマンが真剣に資産一億円目指し、それまでの道のりを記録がてら更新していきたいと思います!

くるくるワイド 2016年 戦略

先日の日銀会議やFOMCをふまえ円高ドル安がしばらく続くと予想するが、
いろいろと自分の中で腑に落ちません。
もっと勉強しなければとは思うのですが、、、

日銀は国債の買い入れ額を減らすとのことでしたが、
日銀が国債をすでに4割も保有していて、その日銀が国債の買いを緩めていけば
金利が上昇していきます。
そして将来的に国債の買い手がいなくなったら国債は暴落して
円の価値も下がるのでは???

急激な円安が進むと思います。

今年は円高傾向にあると思いますが、やはり長期で見れば円安だと思います。
よってドル円に関してはまだまだ難しい相場か続くと思ってます。

なので今年は裁量トレードは少なくしてくるくるワイドに切り替えてます。


【くるくるワイドとは】

くるくるワイドとは両建ての買いか売りのどちらかをトラリピで運用することです。

買い局面でロングポジションを持った時に予想に反して下落した場合、含み損が生まれます。

反転したときの損失を出さないように両建てをしたりするわけですが、両建てをすると、損失が固定され、いつ決済すべきか非常に難しくなります。

しかし、ロングポジションとトラリピショートを同時に運用することでこまめに利益確定されるため、利益確定総額が含み損を超え、トータルでプラスになった時に、全てのポジションを決済することができます。
普通の両建てと違って出口が明確なわけです。

これが『くるくるワイド』手法の原型となります。

詳しく知りたい方は下記ご覧ください。

http://blog.dreamrichman.com/entry/2016/07/05/191107


現在、ドル円7万通貨ロングで進めてます。
ショートで進めてもいいかと思ったんですが、
今年に入ってから20円下落しており、ここからさらに70円,80円まで落ちていくのを考えるのは
現実的ではないかと思いドル円ロングにしました。

正直11月、12月ぐらいにロングを仕込むのがベストかもしれませんね。

円高方向にはとりあえず10円程度なら耐えられるように設定しております。
さらなる円高もあり得ますが、運用中の複利で何とかなるでしょう。

今後はくるくるワイドの運用状況もお知らせしたいと思います。


にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

2016年 アメリカ大統領選挙に向けて 為替予想

こんにちは。
しばらくブログを休んでしまいました。

この数週間は目玉イベントも多くトレードに集中しておりました。

日銀政策会議やFOMCが終わり、ようやく今後の相場観が決まってきそうです。

まず、日銀の発表で注目すべき点は国債の買い入れについて。

いままでは日銀が国債を買いまくっていたので長期金利がひたすら低下していましたが、
今後は国債の買い入れ額を減額していくとのこと。

さらに今回かなり期待されていた追加緩和に関してはゼロ回答でした。

そしてFOMCに関しては予想通りの利上げ延期。
FOMCに関しては12月に利上げするかどうかが大きな焦点となりそうです。


これらの結果をふまえて2016年の残り三カ月、どのように為替は推移するのだろうか?


まず、今回の結果を受けてドル安円高方向に傾くと予想!
今までの量的緩和政策の方針を変えたということは円買いを促すと思います。

それに加え他にも要因が他にもあります。
11月にアメリカ大統領が決まります。
ヒラリー、トランプ、どちらになっても同じことですが
このところトランプがかなり盛り返してきております。

トランプが大統領になれば、日本の為替操作にかなり批判的なトランプ氏なので
間違いなく円安が進むでしょう。

大統領選挙が終わってからはFOMCの12月の利上げが待っているのでまた難しい相場が到来しそうです。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

ドル円 為替の行方が気になる

昨日は米国指標があまり良い数字でなかったにも関わらず

一回落ちた後、かなり盛り返してきましたね。
想定外でした。

なんだかこういった相場の時はなにかしら起きそうですよね。

このまま追っかけてドル買いは控えることにします。


最近、いろんな怪しいニュースが飛び交ってるのでリスクは抑えていかなきゃなと思います。

上方向にも下方向にも行く可能性がありそうですね。


先日の日刊ゲンダイの記事にこんなものがありました。

「三菱UFJモルガン・スタンレーい証券のリポートが円高サインを指摘した。
ドル円相場の超長期移動平均線を分析したもので、7月末に12カ月線が24カ月線を上から下に抜く
デッドクロスが起きたという。90年以降、4回出現し、その後は例外なく超円高に向かっている。」

過去4回の上昇率は最低15.2%~43%となってます。

アメリカの利上げ次第とはなると思うのでそこのとこを見極めていきたいですね。

一方で超長期では米国と日本の政策の違いを考えるとやはり円安が進むのではないかと思います。

今はどちらにも動く可能性があるのでポジションは長く持たず、スキャルピングでこつこつと勝ちたいと思います。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

ドル円 上昇

先週のfomc以降、ドル高が進んでおります。

雇用統計までは大きく下げることはないでしょう。

もし反落したら仕込んでいこうと思います。

雇用統計前に一度決済したいところですが、雇用統計も期待できそうなのでとりあえずポジションの半分を決済しました。

残りは持ち越したいと思います。

今回の流れはかなり強そうです。

105円を視野にいれてもいいのではと思ってます。

同時に不安要素もあります。

アメリカの利上げが期待されると同時に中国の状況がいまいちわからなかったり、ドイツ銀行も結構ヤバイなんて話も出てきます。

なんにせよ、もしアメリカが利上げすれば相場が下がるのは間違いなさそうです。

円高円安両方向に動く可能性があるのであまり突っ込みすぎない方が良いですね。

まあいろんなことを考えても仕方がないので結局流れにのって利益確定していくしかないのですが、その利益確定をいかに早めにするかということが大事ですね。

こういった相場の時はとにかくリスクを抑える。

なにかが起きるきがしてしょうがないですねーー

利益も出たので少し傍観します。


にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

OANDA JAPAN

みなさんOANDA JAPANというFX会社をご存じでしょうか?

私は複数のFXの口座を持っており、それぞれ良いところ悪いところがあると思っているのでどこか1つの業者に決めているということはありません。

例えば、チャートの見やすさ、アプリの使い勝手の良さでしたらYJFXが好きですし、

マイナー通貨の取引やスワップ目当てでしたらLION FXを好んで使います。

メインで使ってるのは二社ですがシスとれとかいろいろやっるので全部で5社ほどの口座を持ってます。

OANDA JAPANでは取引以外のコンテンツが充実してます。


OANDA JAPANにはOPEN ORDER情報というもの

OANDAのユーザーの指値や現在持っているポジションがわかるといったものです。

下の図は誰がどのポジションにどのくらい指値をいれているかがわかるものです。
右側がロングなので103円の売りポジションが多めに入っているのがわかります。表の左側が売り、右側が買いになります。


f:id:kz1213:20160829121904j:plain



次に現在保有されているポジション量を表す図になります。
右下のオレンジはのロングの人たちは含み益がある人たち。左下の青のショートの人たちは含み損ががある人。



f:id:kz1213:20160829122155j:plain


このようにこのグラフを見るだけでポジションの傾きをぱっと理解できます。

最初は分かりづらいんですが慣れるとすぐに分かります。

例があまりよくなくて申し訳ないんですが、指値の棒グラフが大きく延びている場合はバッチリ値が動くことが多いです。

このグラフをポジションを持つときの1つの指標にしてみてはいかがでしょうか。
OANDA JAPANには他にも下記のような特徴があります。

■チャート  日本の業者には滅多に無い5秒足まで見れるため、デイトレーダーの方には重宝されています。
■一括決済  
一括決済はインターバンクのプラットフォームくらいでしか備わっていない機能です。  
ドルならドル、ユーロならユーロと、通貨毎の一括決済が可能なため、リスクヘッジに最適です。

【FX初心者ユーザー】 1通貨から取引可能。 個人のレバレッジは25倍なので、ドル/円だと、4円から取引が可能です。
【FX上級者ユーザー】 1ロット1000万通貨まで約定が可能(USDJPY300万通貨まで)
【MT4ユーザー】 メタトレーダーのスプレッドは業界最安値水準
【信頼性】 1995年にカナダで祖業され、世界の投資家に愛用されている、海外ではベストブローカー賞などの数々の賞を受賞しています。

キャンペーンなんかもやってるんで興味ある方はOANDAを使ってみてください!



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

米国 9月利上げの可能性

先週末のFOMCでイエレン議長の発言により9月もしくは年内利上げの可能性が高まったと
市場は受けたようです。

約200pips弱ドル円は上げました。

利上げの可能性を十分に含んだ発言ではありましたが、今後の指標次第と考えてよいでしょう。

まだ一方向でドル買い、円売りをする場面ではないと思いますが、
明らかに流れは変わったと思います。

ここのとこずっと「利上げはないから円買い」ということで円が買われ続けてましたが大きく跳ね返す時が来たと思います。

下がれば買えばいいと思います。

9月の利上げ発表までは思惑買いが続くと思いますので基本的にはロングでせめて行こうと思います。

104円、105円くらいまで見ていこうと思います。


訪米していた日銀の黒田総裁は「幅広い借り入れ主体に恩恵を与えている」「必要と判断した場合は躊躇なく追加的な金融緩和を講じていく」と相変わらず同じようなことを言ってますが、
こちらに関してはもはや言ってるだけでできることがほとんどないのではと思います。

日銀の動きはあまり気にせずアメリカの経済指標、雇用統計に注視し、来週からトレードをしていきましょう。

売りポジ持ってる方はさっさと損切して、ドル円が下がったタイミングで

ガンガンロングしていきましょう!!!

大きく儲けられる相場に入ったのでみんなでガンガン行きましょう!!!



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

スキャルピングでこつこつと

先週は月曜日に塩漬けていたポジションを損切して3万ほどマイナス。

なかなか思うように進まないので作戦を切り替えて短期勝負で残りの4日間を勝負しました。

作戦を変更してからはばっちりでした。

中長期のスイングトレードをしている人たちにとってはなかなか難しいトレードになっているのではないでしょうか。

デイトレ組にとってはなかなかおいしい相場だったと思います。


私も火曜日からスキャルピングでひたすらこつこつ5~10pips抜きを何度も繰り返しました。

おかげで火曜から金曜の利益が10万を超えました!!(月曜日のマイナスも含めて)
ベテランの皆様に比べたら大したことのない額かもしれませんが、
私にとって1週間で10万円を超えるのはかなりいい結果です!

来週も10万超えを目指して頑張ります。

来週も引き続きスキャルピングで短期勝負と行きます。

スキャルピングの良いところは基本短時間でのトレードになるのでリスクを回避し、
着実に利益を積み上げることができるということです。

スキャルピングではとにかく早く手仕舞いすることを意識して、
塩漬けだけは絶対しないようにしてます。
長く持てば長く持つほどスキャルピングのメリットが失われていきます。

もちろん、自信のある時だけ本当にたまに塩漬けして、ナンピンすることもありますが
しくじれば命取りになるのでこの点だけは気を付けたいと思います。

FX始めたばかりの頃はやはりこういったパターンで誰もが失敗していると思います。

正直FXで一番大事なのは資金管理ですよね。

サイコロふって適当にトレードしても資金管理さえしっかりしていればある程度勝てると思います。

だからこそスキャルピングの塩漬けはしないように10分以内にトレードを終わらせるよう心がけております。

みなさんもスキャルピングの際は短時間でのトレードを心がけてください。



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村