読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安月給 サラリーマン 資産一億円を目指す

安月給のサラリーマンが真剣に資産一億円目指し、それまでの道のりを記録がてら更新していきたいと思います!

効率の良い節税

最近、営業先で社長さんなんかと話をする機会が多いんですが、「節税」の話が出てくることがとても多いです!

結局ある程度以上お金を稼げるようになると税金をいかにとられないかってことが重要なんでしょうね。

サラリーマンの税金のとられ方は半端ないですよね。

官僚たちがうまいこと考えて、複雑なシステムにしてがっつり税金を徴収する。

やんなっちゃいますな。

そこで賢い人たちは皆節税を考えるですね。

株や為替で損したら損益通算ってのは
みんなやってると思うんですが、

さらに効率良く損益通算をするためにはどうすれば良いのかってことですよね!

ある程度稼いでて賢い人たちがみんなやってるのが、

「個人事業主になる!!!」

結局これにつきるみたいですね。


【個人事業主はになるとなぜ節税できるのか?】



マンションやアパートなんかの不動産を貸し出して、月々10万、年間120万の所得を本業とは別に得ていたとしたら、

大体20%くらいの約25万くらいもってかれちゃうんですよね。

もちろん必要経費なんかはマイナスするわけなんですが、

個人事業主になれば、この必要経費が沢山出せるわけですね。

喫茶店に行ったとしたら喫茶店で仕事してたってことで経費になるし、

本を買えば仕事に関係した本を買ったってことで経費になるし、

沖縄に行ったとしても、ちょっと不動産屋行けば不動産投資のために沖縄に行ったってことで経費になります。

もし、120万が家賃収入で50万の経費があったとしたら利益は70万!税金も70万に対してかかってくるんたから節税になりますよね。

もちろん、嘘をつけば脱税になります。

沖縄に行って不動産屋と話もせず、ビーチでずっと遊んでれば脱税ですよね。笑

なのでいざというときになんかしらの証明ができればいいわけですね。

ただ、実際問題税務署はそんなところまで精査できません。レシートの内容が嘘か本当かなんてことまでは確認できないので多くの事業主は節税のために経費で落とすということを行うわけです。

最近、東京都知事が同じようなことをしてましたね。まあ、あれは都民の金だから問題なんであって、事業主になって経費でいろいろ落とすのとは話が違いますね。

都知事にはしっかりと精査していただきましょう!!



もちろん個人事業主だからといってなんでもかんでも経費で落とせるわけではありません。誤解しないようにお願いします。


とゆーことで私も早くフリーで働けるくらい稼ぎたいなーと思う今日この頃でした!