読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安月給 サラリーマン 資産一億円を目指す

安月給のサラリーマンが真剣に資産一億円目指し、それまでの道のりを記録がてら更新していきたいと思います!

移住生活を支援

先日お話しした移住生活についてもう少しお話したいと思います。

近年、20~40代の移住が増えているんですが、だからといってなかなか今の生活を捨てて移住を決意するのは難しいですよね。

そんな中、最近は自治体等で移住の支援を行っているところが沢山あります。

「移住 支援 自治体」ってネットで検索すると沢山出てくるんですが、

例えば、下記のような支援があります。

若者が移住した場合、最大で250万円を支給。

宮城県七ヶ宿町
20年住めば土地、住宅がタダでもらえる。

・北海道標津町
幼稚園の費用が全額無料。

これらはほんの一例なんですけどめちゃくちゃ手厚い支援だと思いませんか!?

まあこういったところはほんとに若者がいなくて困っているような地域だとは思います。
沖縄のように移住先としても人気の場所はさすがにこういった手厚い支援はないかと思います。


要はなんのために働くのか。

都内だったら収入が多い分娯楽も多いし、必然的に消費も多くなる。
田舎だったら収入が低い分家賃もメチャクチャ安いし消費量も少ない。
もちろん、仕事量だってある程度比例するはずです。

どちらが幸せな生き方でしょうか!

どちらを選ぶにせよ
どこ行っても通用する仕事力みたいなものを持っていないとやっていけないので
まずは自分の稼ぐ力を磨くところから始めようかな(>_<)

夢に向かって頑張るしかない!