読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安月給 サラリーマン 資産一億円を目指す

安月給のサラリーマンが真剣に資産一億円目指し、それまでの道のりを記録がてら更新していきたいと思います!

NZドル円 スワップ

す今週は23日のBREXITの結果待ちのためあまり大きな動きはないでしょう。
こういったときは傍観するにかぎります。結果が出てからトレードしても十分だと思います。
今日は私が裁量トレードと平行して行っているスワップのタダどりについて紹介します。

【スワップタダどり】

スワップ金利はご存じだと思いますが、スワップ金利って実は業者によってポイントの付与率が違うんですよ!

そして売りポジションの場合でも同様にポイントの付与率が変わってきます!


例えば、買いスワップが50円で売りスワップが40円だった場合、一万通貨づつ買いと売りを入れれば一日に10円づつ増えていくっていう話です。それもリスクほぼ0で!

買いポジションで為替差損がでても、もう一方の売りポジションで同額の為替差益がでるのでスワップの差額だけ利益になります。


ヒロセ通商とDMMのNZ円とでは差額が2 2円で10万通貨で1日220円、月6600円になります。


私の場合余剰資金はほとんどスワップのタダ取りをしてます。レバレッジもかなり高めですが、ロスカットラインに入る前に一部のポジションの損切りと利確の指値を入れておけば全体のポジションがロスカットされるようなこともありません。

銀行の定期預金より何十倍も利回りがいい気がします。ただFXをやってる人でスワップのタダ取りをやってる人はそんなにいないかもしれませんね。


普通にトレードしていた方がもっと利回りがいいですからね。


けどノーリスクで運用できて少しづつお金が増えてくのは本当にバカにならないんですよね。


ただ最近放置していたらいつの間にスワップポイントの付与率がかなり変わっていることに気づきました。


ヒロセ通商の買いポジションのスワップが60円なのは変わらないんですけど、DMMの売りスワップが45円になってたーーー


1万通貨あたり15円じゃないですか、、


定期的に各業者を調べないといけないですね。


どこの通貨もちょくちょく金利は変わってるからね。

それと今回みたいな急激に為替相場が動きそうな場合も管理をしっかりしないと危ないので注意しましょう。

下記の二社が最もスワップの差益が広い会社になります。

みなさんも是非試してみてください!






にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村