読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安月給 サラリーマン 資産一億円を目指す

安月給のサラリーマンが真剣に資産一億円目指し、それまでの道のりを記録がてら更新していきたいと思います!

冒険投資家 ジム・ロジャーズ 世界大発見

みなさん、世界三大投資家のジム・ロジャーズさんをご存知でしょうか?


投資を少しでもしている人なら一度は耳にしたことがあると思うのですが、

今日はジム・ロジャーズさんが書かれた本


「冒険投資家 ジム・ロジャーズ 世界大発見」


をご紹介したいと思います。


まず、ジム・ロジャーズさんがどんな人物なのかを簡単にご説明します。

1942年生まれ。イエール大学卒業後、オックスフォード大学ベリオル・カレッジ終了。
アメリカ陸軍で働いた後、ウォール街で働き、国債投資会社クォンタム・ファンドを共同で設立し、」
10年間で4000%を超える驚異的なリターンを実現し、一躍有名になる。

37歳で引退を決意するが、その後も自分の資産を運用しつつ、大学の教授をしたり、
障害の夢であった、バイクでの世界一周を成し遂げている。
その記録は「INVESTMENT BIKER」で記されている。
その後、車で世界一周を成し遂げ、それを書籍化したのが
今回ご紹介する本である。


この本は彼が後に妻となる女性と車一台で世界中を周り、その土地土地で感じたこと、
彼の考えなどが書かれており、ストーリーとしてはとてもシンプルなものなのだが、
彼の考察はどれもとても深みのあるものなのだ。

彼のこの旅の始まりはヨーロッパからでアジア、日本、アフリカ大陸、オセアニア、南米、アメリカを
たった一台の車(改造されたベンツ)でまわりきったのだ。

途中、いくつもの過酷な場所を通り抜けており、
戦争中の場所や車の修理のできない町などでの話は本当にドキドキしてしまいます。


私は彼のこの旅に感動したというより彼の生き方に感動しました。

この本の冒頭に作家の村上隆のコメントがあります。
「ジム・ロジャーズにあったとき、著者にサインをもらうと、そには「リュウ、人生は短い、遠くまで行って世界を見よう」と書かれていた。」
という部分がある。
彼はこういった辺境の地を旅するためにお金を儲けたと公言しているのだ。


人生なんのために働くのか、何のために生きるのか。

とても自分に素直でシンプルな考え方だど思いました。

日本人は40年働くのは当たり前だと考えがちだが

何も考えずに働くのはとても危険に満ちていると感じる。

常にわくわくどきどきするために仕事も遊びも楽しみたいものだ。


この本を読むとそんな気持ちにさせてくれるのだ。

皆さんもぜひ読んでみてください。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

冒険投資家ジム・ロジャ-ズ世界大発見 [ ジム・ロジャ-ズ ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2016/8/7時点)


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村