読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安月給 サラリーマン 資産一億円を目指す

安月給のサラリーマンが真剣に資産一億円目指し、それまでの道のりを記録がてら更新していきたいと思います!

アノマリーで為替予想

基本的にアノマリーはあまり気にしていないんですけど10月は「暴落が起きやすい月」ということで
少し注意したい。

そもそもアノマリーって何?って人もいると思います。

【アノマリーとは】
過去の相場のパターンから値動きを予測することです。
あくまでも過去の経験からの予測なのである程度原因がわかるものから
合理的に説明できないことも多いのがアノマリーです。

例えば5月は「SELL IN MAY」と呼ばれゴールデンウィーク明けのパニック売りが起きやすい月。
2008~2013年の間で2012年以外はGW明けに1週間で3~5円の円高・ドル安が進んでいる。
つまり5月の頭に向けて天井をつけることが多いのです。

他にも有名なものではゴトー日のドル買い。
5、10のつく日は輸入企業などが取引先への支払いをドル建てで行うため円売りドル買いが発生する。
これは午前9時55分には落ち着く傾向がある。


【10月のアノマリー】
さて、本題の10月のアノマリーですが、ちょっと怖いです。
10月は大暴落が過去に何度もあった月になります。
1929年10月の世界恐慌。NY証券取引所で株が大暴落した月です。
1987年10月19日に起きたブラックマンデー。NY市場が史上最大の下落率で世界同時株安が発生したのも10月。
1998年10月にも3日の間でドル円が25円の大暴落を起こしました。
2008年にも円の大暴落が起きています。

今月はというとドル高円安に傾いてきておりますが、まだドルを突っ込んで買うのは危ない気がしてます。

ドイツ銀行問題は落ち着いてきましたが、ヨーロッパ諸国の同様の問題がこれから浮き彫りになってくる可能性があります。

12月のアメリカの利上げもまだまだ分からず、トランプが大統領になる可能性もあります。


ということで私はくるくるワイドの両建て戦術でしばらくしのぎたいと思います。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村