読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安月給 サラリーマン 資産一億円を目指す

安月給のサラリーマンが真剣に資産一億円目指し、それまでの道のりを記録がてら更新していきたいと思います!

トランプ大統領 今後の日本への影響

11月8日のアメリカ大統領選でトランプさんが大統領になりました。

個人的にはドル円が100円割れを試すてんかいになるかと思ったのですが、終わってみれば急激なドル高になりました。

週末には111円目前まで行きましたからね。

ただ少し買われすぎな気もするので一旦利益確定の売りが出てもいいのではないでしょうか。

117円付近まで戻しても全然おかしくないと思うのですが、全く戻す気配がありません。

どこまでドルが買われるのでしょうか。


とりあえず、トランプ大統領が日本に与える影響を考えてみたいと思います。

就任前の発言を見てみるとこんな感じです。


・メキシコの国境には壁を作り、その費用はメキシコが出す。

・日本も核を保有した方が良い。

・日本は米軍駐留経費を全て負担しろ。

・イスラム教徒のアメリカ入国制限。

・TPP離脱。

まあこんなところでしょうか。
「MAKE AMERICA GREAT AGAIN!」
といっているように超保護主義的なアメリカ第一の政策を推し進めていくのでしょう。

ただ、大統領になることが決まってからは日本に対しても友好的で真意が分からないですね!


一貫して変わらないのはTPP離脱ですかね。
TPPに関してはメリット、デメリットはありますが、もしアメリカがTPPに参加しないとなると
日本の北米向けの輸出は厳しくなりそうですね。
日本から出る自動車関係の輸出の4割は北米向けですからね!!
¥一方で日本の輸出関係企業にとって幸いしているのがドル高が進んでいること。
暫くこの通貨高は止まりそうにないですね。

それとトランプさんの過激な思想の通り、戦争などを始める懸念が出てくると思います。
そういったことも踏まえて原油の価格も落ちづらくなってくるのではないでしょうか。


ドルはこんだけ買われてるので今のレートから買うのはちょっと怖いですね。
戻ったところで買っていきたいですの。
それと原油を買い足してく感じで進めていきたいと思います!!!



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村