読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安月給 サラリーマン 資産一億円を目指す

安月給のサラリーマンが真剣に資産一億円目指し、それまでの道のりを記録がてら更新していきたいと思います!

リスク管理 柔軟性のある投資

投資上でリスク管理は大事だというのはよく聞きますが、周りを見てみると

これをやっていない人ばかりでびっくりします。

まず、リスク管理をするうえで大事なのは分散投資することだと思います。

FXだけとか不動産だけにつぎ込むのはだめだってことです。

また分散投資を行う時、流動資産と非流動資産に分かれます。

家は非流動資産になります。

何か支払う時に家の権利書では払えないということです。


先日上司が5千万近い家をローンで買ったという話を聞き、周りはすごいですねと言ってたんですけど
私は馬鹿だなーと思ってしまいました。

もちろん給料にもよりますが、その人がもらっている給料が私には大体分かっているうえでの話です。

家を自分の資産の大半にしてしまうと仕事を失ったときに大きな足かせとなるし、
近くに仕事が見つからなければ家を売るか、貸に出さなければなりません。
もちろん、35年で組んだローンものこります。
これから空き家が増えまくる中、そう簡単には売れないでしょうし、貸しても見つからない可能性もあります。
持ち家が自分の資産の8割以上を占めると住宅市場が落ち込んだら一気に財政基盤が崩れかねません。
分散投資の配分の仕方がおかしいですよね。

また、何かの時に備えて現金もある程度残しておく必要があると思います。
そういったことも考えるともっと安い家を買うべきだったということになると思います。

あと、同僚で自社株に毎月給料の1割近く充てている人がいました。
これは本当に信じられないですね。

会社が経営難に陥ったり、会社に対して弱い立場に立たされた時に仕事と財産の両方を失うことを全く考えていないですね。


投資をして買ったり、負けたりすることはありますが、こういったことを普通の人より考えるようになるので
仮に運用がうまく行かなかったとしても損ではないかなと思った一日でした。